ホーム > 精機プロダクト事業 > CFRP製切削加工用厚板プレート「フェルカーボ」 > CFRPとは

CFRPとは

金属に代わる素材として、航空・宇宙用途や自動車用途を中心に急速に需要が拡大している材料です。金属以上の優れた強度を持っておりますが、産業部品として利用するには加工しにくいことや、一般的なプリプレグシートを積層する方法では厚物を製造する場合に高価格になるなどの課題があります。

従来のCFRPとの違い

加工しにくい原因として、従来のCFRPは、炭素繊維を織り込んだ布を使用するため、配向性が強く切削加工時に切断面が毛羽立ちやすいという欠点がありました。
一方、フェルト状の炭素繊維を用いた「フェルカーボ」は配向性が弱いため、超硬切削工具による高精度加工を可能としています。
さらに最大厚さ45mmの厚板化を実現し、加工形状の自由度を高めつつ、従来よりも低価格でのご提供が可能となりました。